2016年06月23日

パキポディウム実生2016_5月


最近のガーデニングマイブームの一環で育て始めた塊根植物たちの5月時点途中経過です。


成長が早く、数年で盆栽風に仕立てることができるらしい、アデニウム・アラビカム。
すんばらしい発芽率でうれしい限りです。2/3は出たですね。

塊根アデニウム201605.jpg



パキコルムス・ディスカラーも発芽率90%。この種はそもそも発芽は簡単な部類とのこと。

塊根パキコルムスディスカラー201605.jpg



遅れて購入したパキコルムス・ディスカラーも当たりタネでした。よく出て、いろいろ試せそうです。

塊根パキポディウム白馬城201605.jpg



最も期待を寄せていたのに、14粒から2本した発芽しなかったパキポディウム・グラキリス。

2本中1本はタネの殻をかぶったまま先っぽから枯れてしまいまして、ラスト1本!
現地球を入手しましたので赤ちゃんとの比較を楽しみたかったのに、間もなくの植え替えを耐え抜いてくれるでしょうか?

塊根パキポディウムグラキリス201605.jpg



◆現在の成績◆
パキポディウム グラキリウス   0/20
パキポディウム ビスピノーサム  0/10
オペルクリカリア デカリー    0/10
パキコルムス ディスカラー    9/11
タリナム カフラム        0/4
パキポ グラキリス(別の人から購入)1/4
パキポディウム サウンデルシー  6/11
アデニウム アラビカム     20/30

今年初めに発芽させたリンゴのタネから始まり、この実生ってやつにどっぷりハマりました。
最近まとまった時間が取れず、毎日短い時間でコツコツできる趣味が増えている気がします。


posted by pubrock at 20:31| Comment(0) | タネ→発芽

2016年05月31日

グラキリス現地球がやってきた

このところ木時計活動外の"とか"部分が肥大しているこのブログ。

なかなか製作活動を報告できず申し訳ないです。
ただ休止することはありません。こつこつですが着実に活動を前に進めていきたいと思います。

松本クラフトフェア2016の折に塩尻に寄り、西沢サボテン園さんからやってきたコチラ!

パキポディウム_グラキリス.jpg

パキポディウム・グラキリス☆

実生を続けていますが、ひとつだけ完成された現地球が欲しいと思い続け、やっと理想の形をしたものを見つけて手に入れました。

写真だけでしか見ていなかった、このまん丸塊根と頭の上でまとまった葉振り。最高の樹形でしょう。親バカですね。

すでに発根しているものに候補を絞りましたが、現地球は数年後にコロッとだめになるものもあるとか。。気を引き締めて世話しましょう。

posted by pubrock at 15:46| Comment(0) | タネ→発芽

2016年04月19日

パキポディウム実生2016

パキポディウム実生201604.jpg


新居リビングのどでかい蓄熱暖房機の上が冬季は28℃前後に保たれていることに気付いて始めたパキポディウム実生(みしょう)の途中経過を書かないと。


最初はebayなどで海外から鮮度の良い種を入手したかったところですが、もう冬が終わってしまうと24時間28℃温室が無くなってしまうと思い、取り急ぎオークションで購入。

朝晩の霧吹きは欠かさなかったので湿度もいい具合だと思うのですが、
その発芽具合が下記、、


パキポディウム グラキリウス   0/20
パキポディウム ビスピノーサム  0/10
オペルクリカリア デカリー    0/10
パキコルムス ディスカラー    9/11
タリナム カフラム        0/4
パキポ グラキリス(別の人から購入)2/4

うーーん。。28℃恒温室があってこの結果かぁ。。

発芽率にムラがあるのを見ると、種の鮮度にも問題があるのかも。
いろんな人のブログを見ると、海外からの直輸入が戦績が良い感じがしました。

または顔の見える取引ですか。

しかしちゃんと出てくれた芽は出たのです!今後ご報告します。
posted by pubrock at 20:49| Comment(0) | タネ→発芽

2016年03月27日

りんご59日目

発芽2016_りんご_59日目.jpg

発芽後20日目くらいに1本1本を小ポットに植え替えて、たっぷり日差しに当てて育てています。

もう少し暖かくなったら外に出し、それ以降はずっと外で育てる予定。


全部りんごと呼んでますが、芽の段階で2種類のりんごがいるようです。

左は緑で右は赤みがかってます。今後、どんな成長の変化があるのかな?

りんご2種類.jpg


posted by pubrock at 22:00| Comment(0) | タネ→発芽

2016年03月21日

2号色塗り

何年ぶり、いや10年以上ぶりでしょうか。ホームセンターでアクリル絵の具と筆を買ってきて、NC加工済みの2号機「ND−16(仮称)」に色を入れます。

NC加工合板を見て察しのよう方はお気づきと思いますが2号には昼夜表示を搭載予定。機構はまだ検討段階ですが、何か形にしていかないととひとまず作りました。まだまだ変更の可能性ありです。

っというかこのままの機構では販売しない可能性が高いかな?
なんてのんびり考えながら色塗りです。


昼の青空、夜空をイメージして絵の具を調合し、キレイにぬれたと思ったら、
2号昼夜表示の色塗り中失敗.jpg

NCで削りだした雲や月を先に塗らなきゃならなんだ。。やり直しです。





星に色をいれていくと、おーまるで印象派の絵画のような、、ヴァン・ゴッホを髣髴とさせるとか言いすぎですな。

2号昼夜表示の色塗り中.jpg




はい、きれいにポップに塗れました!
2号の昼夜表示完成.jpg



フレームにはチーク色を選択して、昼夜表示を合わせてみました。

うん!アクリル絵の具が映えていいんじゃないかな?

2号色塗り完了.jpg


製作は続きます。
posted by pubrock at 16:36| Comment(0) | 木の時計

2016年03月02日

2号試作中!

ご報告します!木時計スタジオ作品第2弾を試作中です☆

木時計2号試作合板.jpg

ひとまず上がって来た合板を片手にニヤニヤ。構想から設計まですっごーーく時間かかりました。頭の中のイメージがまとまらず、何度も作り直した図面からようやく実体として表れる瞬間。。
1号の時も嬉しかったですが、今回はさらに工夫やこだわりをちりばめた分、独特の高鳴りがあります。

早く動いているところが見たい。

今回は模様もNC加工してみています。キレイに雲や月が現れましたね。

木時計2号試作の昼夜.jpg

この円盤を見て、感の鋭い方は、2号に搭載する新機構が予想できる方もいると思いますが、
お披露目をお楽しみに!!

今回は円盤のデザインやフレームにもいろいろなデザインを組み込んで試してます。実験ですから。

木時計2号試作歯車.jpg

ここから、いまいちだった部分は削り、機構ももう一度見直して、、っていくと2号が販売できるまでには数か月は要すると思います。

お待ちいただいている方は気長に気楽にお待ちいただければ幸いです。


posted by pubrock at 20:31| Comment(0) | 木の時計