2016年01月11日

クラフトフェアまつもと出展記@_応募


今年こそクラフトフェアまつもと2016に挑戦します!

クラフトフェア松本ロゴ.png

キット販売を開始して1年間、ホームページでのみの販促活動を行ってきましたが、フェイスブックやツイッターといったツールをいまいち活用しきれず、、やっぱり物理的なイベントに挑戦しなきゃいけないかなと感じてのことです。


販売しているものがアナログなものですから、売り方もアナログでいってみようと。いろいろな出会いもあると思いますので。


なぜ数あるクラフトフェアの中から「クラフトフェアまつもと」を選んだかというと、まったく深い意味はなく、以前松本市の近くに住んでいて、見に行った事があるというだけでした。

しかし調べてみてびっくり。クラフトフェアまつもとは日本で最初のクラフトフェアらしく、出展するのにも書類審査が必要。毎年1500件もの応募者の中から300組ほどしか出展できない狭き門だと知りました。。

いやいや前向きに考えよう。書類審査にパスすれば、目の肥えた実行委員会のお墨付きがもらえるわけですから、きっとフェアでも好感触を得られるってもんでしょう。

クラフトフェアに挑戦した人の体験記をウェブで探しましたが、毎年300名も参加していますが、それほど詳しい意ものが少ないので、まだ書類審査に通れるのかも分かりませんが僕のクラフトフェアまつもと挑戦記を記したいと思います。


今年は例年より早めの1月20日までの申し込みということで、早速ウェブからエントリーして書類を作成しました。

クラフトフェアまつもと2016エントリーシート.jpg


ネット上では、この書類選考についてさまざまな憶測やテクニックが書かれていました。
応募用紙には商品の写真を載せるのですが、
「用紙から飛び出して盛りだくさんにすると良い」とか、
「必ず一眼レフでキレイな写真を」とか。うーん。。だんだん不安になってきたな。。

いや、背伸びせず等身大の自分で行こうと思い、写真や説明分をシンプルに配置。はみ出し飛び出し作戦は、あまりcocou clockらしくないかなと思いやめました。今回ダメなら次回は盛り盛りでいきましょう。

クラフトフェアまつもと2016エントリー封筒.jpg

封筒に2000円分の定額小為替を同封して松本へ郵送予定。

うわードキドキする。新鮮です。

2月末ころに選考結果が届くとのことですから、またご報告します。



posted by pubrock at 12:34| Comment(0) | とか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: