2016年02月21日

ボタニカる〜


今年から熱狂的にハマった趣味発芽☆

植物って発芽直後の変化が激しくて、この瞬間が一番面白いんだなーと感じます。最近。

発芽2016_りんご_8日目.jpg

たったの8日で双葉を超え、りんごの木の葉っぱらしきギザギザ葉が出てきました。
タネってそうやって成長していくのかと、当たり前のことに感動する。
そして、4匹だと思っていた戦士たちに遅れて5匹目が顔を出す。

出だしが遅れた子ってのは、生涯劣等生なのか!?この問にもぜひ答えを見出したい。

そして時はすぎ、18日目。
発芽2016_りんご_18日目.jpg

早くもジャングル状態!これは春まで待てないな(;´・ω・)

思い切って小鉢に植え替えよう。次回は鉢が変わります♪



posted by pubrock at 20:43| Comment(0) | タネ→発芽

2016年02月18日

本との出会い

とある晴れた日曜日の昼下がり、付き合いのある工務店さんから紹介されて
飛騨高山でオープンしたおしゃれな家具&本屋さんへ。

普通の書店では出会えない本をそろえているこだわり本屋さんです。
洋書のガーデニング本や家具、インテリア本にも惹かれましたが、手に取ったのが、、

「捨てるな、うまいタネNEO (WAVE文庫) 」

ちょっとした出会いが運命を変えるというか、タネ集めに目覚めました。

見つけたタネはひとまず洗って、冷蔵庫で寒に当てて、試しに植えてみる。

キュウイ、みかん、アボカドを立て続けに試しましたが出ず、、、


遂に出てくれたりんご↓↓↓↓↓
発芽2016_りんご_1日目.jpg


発芽を見つけた夜は嬉しさのあまり、朝まで踊り明かしました。

いや〜ガーデニングにハマっている今日この頃ですが発芽がこれほど楽しいとは。
しばらく苗買わずに楽しめそう!


発芽2016_りんご_4日目.jpg
4日目でこの仕上がり!
真冬の中、日差しが出たので、すかさず窓辺へ。
発芽直後ってぐんぐん伸びて、生命の神秘というか、
これを知らずしてガーデニングも何もなかったのかなとか思ってます。

みなさんもぜひ、食べた果物を植えてみてはいかがでしょうか。

りんごの木の今後は定期的にご報告しまーす。50年くらい。


posted by pubrock at 21:15| Comment(0) | タネ→発芽

2016年02月17日

クラフトフェアまつもと2016選考結果届きました☆彡

応募から1か月も経たないうちにクラフトフェアまつもと2016の選考結果が届きました!

受かっちゃうと5月まで忙しくなるな〜何から準備すればいいのかな〜とか心配して開封すると、、


、、、落選!!!

マジか!うっわいやマジか!?
申込料2,000円の領収書が「おつかれ」って語りかけているようで寂しすぎます。。
写真は負のオーラに包まれた作業机と書類、
クラフトフェアまつもと落選通知.jpg


昨年の下見の感じでは競合するショップもなかったし、きっと多様性に貢献できると思っていたのに!!
ショックです。
春までに新作を用意して、木製時計をいろんな人に見てもらって意見などももらいたかったのに〜
なぜ!?落選する要素が見当たらないよ〜

なんてね、、実は少し心当たりが、、
昨年のクラフトフェアまつもとに下調べに行って、人気のあるショップに共通していたのが、

・小さくて
・かわいいもの
・たくさん!

って三拍子です。事実私自身が購入したのは、800円から高いものでも4000円の小物ばかりでした。
せっかく来たのでおみやげにって数をたくさん買わなければという感覚。
ネームバリューがあり、お客さんの多くが遠方から来るまつもとではなおさらでしょう。

やはり商品が20,000円から〜ってお店にはちょっと近づきがたくなるなと感じていました。


というわけで、木の時計のほかに500円程度の木の小物も準備していましたが、
選考シートは時計一本勝負!と意気込み、選考シートには文章で「小物も準備してます!☆」ってのみ触れました。
きちんと写真も乗せればよかった。新作時計2号も写真を載せて、たくさん!って感じをプッシュすべきだった。。って封筒を糊付けして思ったんです。笑泣


そうなると選考シートのA5スペースに収まるはずもなく、多くの挑戦者たちが観音開きや飛び出す絵本形式でシートを工夫するのも当然ですね。

何種類もの振り子時計と、「かわいい〜」ってなる木小物を引っ提げて、
来年か再来年くらいにはかならず再挑戦します!

posted by pubrock at 21:31| Comment(0) | とか

2016年01月11日

クラフトフェアまつもと出展記@_応募


今年こそクラフトフェアまつもと2016に挑戦します!

クラフトフェア松本ロゴ.png

キット販売を開始して1年間、ホームページでのみの販促活動を行ってきましたが、フェイスブックやツイッターといったツールをいまいち活用しきれず、、やっぱり物理的なイベントに挑戦しなきゃいけないかなと感じてのことです。


販売しているものがアナログなものですから、売り方もアナログでいってみようと。いろいろな出会いもあると思いますので。


なぜ数あるクラフトフェアの中から「クラフトフェアまつもと」を選んだかというと、まったく深い意味はなく、以前松本市の近くに住んでいて、見に行った事があるというだけでした。

しかし調べてみてびっくり。クラフトフェアまつもとは日本で最初のクラフトフェアらしく、出展するのにも書類審査が必要。毎年1500件もの応募者の中から300組ほどしか出展できない狭き門だと知りました。。

いやいや前向きに考えよう。書類審査にパスすれば、目の肥えた実行委員会のお墨付きがもらえるわけですから、きっとフェアでも好感触を得られるってもんでしょう。

クラフトフェアに挑戦した人の体験記をウェブで探しましたが、毎年300名も参加していますが、それほど詳しい意ものが少ないので、まだ書類審査に通れるのかも分かりませんが僕のクラフトフェアまつもと挑戦記を記したいと思います。


今年は例年より早めの1月20日までの申し込みということで、早速ウェブからエントリーして書類を作成しました。

クラフトフェアまつもと2016エントリーシート.jpg


ネット上では、この書類選考についてさまざまな憶測やテクニックが書かれていました。
応募用紙には商品の写真を載せるのですが、
「用紙から飛び出して盛りだくさんにすると良い」とか、
「必ず一眼レフでキレイな写真を」とか。うーん。。だんだん不安になってきたな。。

いや、背伸びせず等身大の自分で行こうと思い、写真や説明分をシンプルに配置。はみ出し飛び出し作戦は、あまりcocou clockらしくないかなと思いやめました。今回ダメなら次回は盛り盛りでいきましょう。

クラフトフェアまつもと2016エントリー封筒.jpg

封筒に2000円分の定額小為替を同封して松本へ郵送予定。

うわードキドキする。新鮮です。

2月末ころに選考結果が届くとのことですから、またご報告します。



posted by pubrock at 12:34| Comment(0) | とか

2015年11月01日

ロードバイクにぴったりのフレームバッグを探して

ロードバイク通勤で必要なバッグ。
快適なサイクリングのために、できればリュック以外で考えたいですよね。

バッグに入れるものは、
・スペアチューブ
・携帯空気入れ
・ちょっとした工具

がロードバイクに必須のアイテムでそれに加えて、
・お弁当箱
・下着の着替え
・500mlペットボトル
までがぴったり入るバッグを探してネットサーフィンした結果、候補に挙がったのがこちら。

ドッペルギャンガーの折りたたみ可能3WAYフレームバッグ
値段も手ごろで早速購入。

framebag01.jpg

お〜いい感じ〜と思ったのですが、

framebag02.jpg

framebag03.jpg
ちょっと四角いバッグを三角に折りたたむ部分が無駄になって内容量がすくない。これでは弁当箱とシャツ、ペットボトルは入らないかなぁと思い、一念発起しましたのでご報告です!

はい、改造しちゃいましょう。

だいぶ昔に家庭科で使ったお裁縫セットを引っ張りだしまして〜、

framebag04.jpg
framebag05.jpg

しゅるしゅるーっとほどきましょう。折りたたむ部分を除去して、”マチ”を入れて容量アップを狙います。

framebag06.jpg

折りたたみ部分は布が別になっているので糸をほどくとカンタンに狙い通りの形になりました。

framebag07.jpg

よし!ここにマチを入れますよーっと。マチはもともとついているものの長さを短くするだけなので新しい布は不要。


framebag09.jpg

もともとのバッグの材料を使っているので不自然にならず、思ったよりきれいに出来ました。

framebag08.jpg

framebag09.jpg

通勤必須アイテムを実際に詰めてみると、予定通り収まりました。これで背中に汗をかくということも無い、リュックフリーの通勤ライフを楽しめそうです。

framebag10.jpg



フレームにぴったり、横風にだけ気をつけましょう。通勤に河川敷とかはないので問題ないかと思います。

framebag12.jpg

バッグ+ボトル1本がきれいにフレームに収まりました。

内股への違和感もありませんが少々擦れますかね^^;

これをしばらく使ってみて、集成を加えてみよう。そして、完璧!と思えたら、職人さんに頼んで、レザーでつくってもらったりすると楽しいかなと、ウキウキです。ちゃんと通勤ガンバろう!

framebag11.jpg
posted by pubrock at 20:40| Comment(0) | バイシクル

2015年10月03日

机の超整理

木の時計キットの受注も落ち着いた日曜日の昼下がり、ふと引き出しを開けてしまったのをきっかけに、以前から興味のあった机の整理整頓清潔清掃ってやつをやってみることにしました。

できました。

organized_drawer.jpg


僕の知っている会社だとサンドビックの瀬峰工場などの"4Sを極める"というスローガンによる机の整理術ですが、中小企業などでも多く取り入れられてますね。テレビで見かけるたびに、作ったら絶対楽しいだろうなと思い、本日挑戦したんです。自分の持ち物が少なくなっていくダンシャリな快感にはまっているのもあります。

自分に必要な文具を整理します。

organized_pens.jpg

自分がシャープペンシルを6本も持っているという事実、ホッチキスの針やシャープペンシルの芯もかぶってます。シャープペンシルはデスク用と外出用2本を厳選し、4本は心を鬼にして処分!

organized_stapler.jpg

しかもホッチキスの芯は2箱ともほとんど使ってないじゃないか!おそらく一生かかっても使い切れないでしょうから、片方の箱を満タンにして残りは処分!

さあドラフト会議が終わったら5mm厚の100均スチロール板に型を書いて、カッターで切り取り、張り合わせるだけの小一時間で完成!選抜の方が時間かかった。。

organized_drawer.jpg

さて改めて見返すと、ホッチキスがそもそも必要?とか、なぜ一生付き合っていくカッターにかさばる"安全カッター"を選定してしまったのかとか思ってきました。

ま、1時間で作れるんだから数ヶ月使ってみてブラッシュアップしていきたいと思います。
posted by pubrock at 11:53| Comment(0) | とか